So-net無料ブログ作成
検索選択

【映画】もうすぐ公開される気になる映画 [映画]

最近、邦画ばかりみていますが、ちょっと気になる作品をピックアップ。

まずは、こちら。
最近ハマリ気味の邦画です。

『手紙』


東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ
殺人という大罪を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の受難の日々を追う。
人気急上昇中の江尻エリカと、隠し子騒動も記憶に新しい山田孝之の共演。

「兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。」

このキャッチコピーがちょっと期待できそうな気がしています。

続いて、洋画です。

『父親たちの星条旗』


第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、
アメリカ側の視点から描いた戦争映画。
日米双方の視点から“硫黄島の戦い”を描く“硫黄島プロジェクト”第1弾作品だそうです。
クリントイーストウッド監督の作品は良い悪いがはっきりしているんですけど、
日米双方の視点から“硫黄島の戦い”を描くというプロジェクトに興味津々です。
ちなみに、“硫黄島プロジェクト”第2弾作品は『硫黄島からの手紙』で、12月9日公開だそうです。

時間があれば、どちらの作品も映画館でみたいです。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 3

まえぴ

「手紙」は私のニガテな涙無くしては語れない物語のようですね。
沢尻エリカ嬢が素敵なので見てみたい気もします。。。

「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」は興味ありますね!
一つの舞台を日米両方の視点から描いてるので、どうせなら一気に観てしまいたいなぁと思います。
日本史で勉強した事も忘れてしまったので、歴史(戦争)を語る上でも硫黄島での出来事は興味ありますねー。

ちなみに私は「デスノート後編」と「ソウ3」を観ようかなと計画中です・・・!
by まえぴ (2006-10-24 21:09) 

どんちゃん

>まえぴ さん
Nice&コメント、ありがとうございます。
「手紙」は、観た後に映画館から出るのが恥ずかしい・・・。
おそらく、目が真っ赤になってしまうのではと思います。

「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」は言われるとおり、一気に観てしまいたいですね。
これって、どちらも米作なんでしょうか?
それだと、日米両方の視点にならないような・・・。
by どんちゃん (2006-10-25 12:43) 

日本インターネット映画大賞スタッフ

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
by 日本インターネット映画大賞スタッフ (2007-01-07 11:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。