So-net無料ブログ作成
検索選択

【映画】HERO(少しだけネタバレ) [映画]

邦画話題作No1、『HERO』を観てきました。
フジテレビが総力をあげてPRしている映画『HERO』も公開から1ヶ月が経ちました。
やはり1ヶ月も経つと、お客さんはまばらで、いい時期に観れたかな~と思います。

今回は、ネタバレなしにしたいと思ったのですが、少しだけネタバレあります。

映画のPR番組が放送されていましたが、
それで殆どのストーリーがわかるような作りでしたね。
とはいえ、それは映画を観た人だけがわかることで、
映画を観ていない人には好奇心をくすぐるように作られてました。

今回の『HERO』は、ストーリーも映像もとてもよかったと思います。
上映時間も長すぎず、満足できるように作られています。

(注意)ここからネタバレです。ご注意ください。



久利生公平と城西支部の仲間たちの個性的なキャラクターは健在でした。
マスターの「あるよ」も流行語になりそうな雰囲気ですね。
通販大好きな久利生ということもあり、スタートは通販番組に釘付けになっているところから。

中村(大塚寧々)と末次(小日向文世)が社交ダンスでコンビを組んでいて、
この二人って、そんな関係だったかな?と思いました。
(連ドラ、TVスペシャルを予習した方がよかった・・・。)

芝山(阿部寛)は、離婚調停、江上(勝村政信)は、相変わらず雨宮(松たか子)を一筋に想い、
遠藤(八嶋智人)はやっぱりお調子者、牛丸(角野卓造)は尿酸値を気にして。
そして、気になる久利生と雨宮の恋の行方!

久利生が韓国まで行く必要があったのかは疑問です。
イ・ビョンホンの出演シーンも多くなく、お金かかってるなぁ~と思いましたが、
最終的には、韓国での出来事がポイントになりました。

今回、敏腕弁護士「蒲生一臣」(松本幸四郎)との裁判が見所で、
久利生公平、最大の危機。」と言われています。
久利生が担当する傷害致死事件に、刑事事件無罪獲得日本一といわれる弁護士が
担当することになった経緯がわからないと、ストーリーを楽しむことは難しいと思います。
そのあたりについては、黛雄作(香川照之)の言うセリフに注意して観てほしいと思います。

TVスペシャルから続く、花岡代議士と久利生の因縁
今回も、その因縁に沿ってストーリーが展開されました。
直接、花岡の裏金疑惑に関して裁判で争うことはないのですが、
久利生が担当する裁判に花岡代議士が関っているストーリーも見所です。

といった感想です。
今回の映画は・・・・
★★★★★

映画を観た方は、ぜひこちらにも挑戦してみてくださいね!


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

日本インターネット映画大賞

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
by 日本インターネット映画大賞 (2008-01-02 01:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。